設計・リフォーム

家の建て替えがしたい!費用1000万だったらどれくらい出来る?

更新日:

家を建て替える場合には必ず費用がかかります。(当たり前ですが)

しかし「いざ建て替えをしよう!」と思っても、どれぐらいの費用が掛かるのか分からないと前に進みにくいですよね。

ざっくり家の建て替えだと「建て替えのお金以外」に以下のお金も必要になります。

  • 現在住んでいる家の解体費用…おおよそ坪数×4万円
  • 仮住まい…賃貸の初期費用と経過分の家賃
  • 引っ越し代×2回…5~7万円×2回

(参考値としてお考えください)

これらを踏まえてあとは本命の家ですが、1000万円で建て替えは出来るのでしょうか。

よくある「1000万円”台”」ではなく1000万円。

多少はみ出たとしても限りなく1000万円に近い金額で建て替えができるのか?

今回はコストを抑えたい方の「家の建て替えについて」お伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

 

1000万円で家の建て替えは出来るのか?

家の建て替えは1000万円で出来るかと言えば、ズバリ可能です。

実際に私の姉も1000万円以下で家を建て替えていますので出来ることは間違いありません。

但し、条件はいくらか限られてくることは覚悟が必要です。

具体的にどういったことがあるのでしょうか?

 

家の造りは在来工法(木造軸組)一本勝負!?

まず1000万円以下で家を建て替える場合は、在来工法による木造住宅になることでしょう。

同じ木造住宅でも2×4だと1000万円で収めるとなると厳しいと思います。(出来る会社もあるかmそいれませんが)

また鉄骨系の住宅はどう考えても予算的に厳しそうです。

ただ、だからと言って在来工法が悪いわけではありません。

 

現在、日本の大多数の家は在来工法の家ですから「日本に合った昔からの工法」と言えます。

ちなみに私の家も在来工法の木造住宅です。

 

デザインはシンプルになりがち!?

1000万円で家を建てる場合は、内外装ともにデザインはシンプルになるでしょう。

とくに外観は「正方形や長方形」になることがほとんど。

例えば同じ床面積の家でも、凹凸が多い家は材料費(単価の高い外壁材など)や建築費がかさみ人件費も高くなります。

それに対してシンプルな四角の家は建てるのも簡単で、余計なコストをカットできます。

また屋根も一緒で寄棟にするよりも、切妻(本を伏せたような形)や片流れ(一面の屋根)にすることでコストカットに繋がります。

 

また内装はシンプルと言っても壁紙は色々な種類から選べますから安心してください。

見た目がシンプルという意味ではなく造りがシンプルということなので、例えばニッチ(壁の一部をへこませて小物などを飾る)などの飾り棚などは期待しない方が良いでしょう。

でもシンプルだからこそ「家具などの合わせやすさ」があると思うので、私はシンプルが必ずしもデメリットとは思えませんけどね。

 

ちなみに「ローコスト住宅」とは?

ローコスト住宅は「安い家」と思われがちですが、だからと言って「家の性能が低い」というわけではありません。

この点はローコスト住宅を検討している方は安心してくださいね。

ローコスト住宅は、上記のようにデザイン面をシンプルにすることで使用する材料や人件費などのコストカットを行っているわけで「材料を安い素材にして値段を下げているわけではない」のですね。

もちろんデザインや設備にこだわる場合は材料費もそれなりに単価アップします。

ですが「造り方を工夫」することで建築費を下げていることがローコスト住宅のローコストたる所以なんです。

 


 

最近は建売の一戸建てで「土地込み1000万円台」という物件もみかけます。

そう考えると建て替えで1000万円って無理じゃないと思えますよね。

 

スポンサーリンク

 

1000万円で家を建てられそうな会社を紹介!

1000万円で建て替えが出来る会社を少しご紹介します。

ただ対応できる都道府県ではないかもしれませんし、逆にお住まいの地域にローコスト住宅を建てる会社もあるかもしれません。(多分あるでしょうし)

あくまで参考程度にお願いしますね。

 

アイフルホーム(ネット限定住宅)

アイフルホームはネット限定注文で「i-Prime7」という商品を販売しています。

基本価格は「700万円台」からと諸費用を考えても1000万円で建て替えが出来そうです。

建築方法も「テクノスター工法」と言って、従来の木造建築よりも地震に強い家づくりが可能です。

 

アイダ設計

「888万円の家」という商品で、なんと4LDK(28坪)となっています。

また設備も充実で、対面キッチンにビルドイン食洗機、ペアガラス、浴室暖房乾燥機など欲しい設備もついています。

対応エリアは中部~東日本・九州となります。(2018年現在)

 

はなまるハウス

関東圏と九州にある「はなまるハウス」では平屋で713万円から。

2階建ての商品も850万円からあるので、こちらも1000万円での建て替えが現実味を帯びます。

エリアが広いわけではありませんが、対応地域にお住まいの方は資料請求されては如何でしょうか。

 

「一建設」や「アーネストワン」(飯田HD)の注文住宅

飯田HDは全6社からなる「日本で一番家を売っている会社(グループ)」となります。

その中でも価格が安いことで評判なのが「一建設」と「アーネストワン」です。

主力は「建売」ですが、注文住宅も行っているので問い合わせする価値は十分にあります。

私の知人もアーネストワンの家を購入しました。

アーネストワンの建売り物件の評判!実際に買って住んで分かった事!

 


 

その他にも「地元の工務店」で建て替えの相談をされるのも良いと思います。

また上記以外にも1000万円で建て替え可能な会社はチラホラあると思いますので、ぜひWEBなど活用して探してみてください。

※記事の最後にローコスト住宅を探すのに便利なサイトを紹介します。

 

建て替えじゃなくて「リフォーム」にするか迷ってる!?

「建て替えかリフォームのどちらにするか?」

どちらにするか悩んでいる方も結構いらっしゃると思います。

はっきり言えば「費用」で考えると断然リフォームの方が安上がりです。

そのため建て替えとリフォームで迷う気持ちも十分わかりますが、じつは「いくら安くてもリフォームを選択してはいけないケース」もあるんです!

 

リフォームで「耐震性」や「基礎」は問題ないのか?

1981年は「震度6強の地震でも倒壊しない」とされる新耐震基準に変わりました。

それから阪神淡路大震災や東日本大震災を経て、ますます耐震に対する関心は高まるばかりです。

また基礎についても30年も経過すると何かしらの損傷が発生している可能性もあります。

このような躯体に関して言えばリフォームすることは難しく、内外装を綺麗にリフォームしたとしてもあとで家が傾いたではお金の無駄遣いに終わります。

そのため「建て替えorリフォーム」で悩んだ場合は、お金の問題よりも「家の構造(躯体の状況)」で考えるべきなんです。

もし躯体に心配を感じるなら迷わず建て替えをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「家の建て替え」について解説してきました。

WEBで建て替えについて見ていると「予算1500万円くらいで建て替え出来ないかな?」というものが多い印象でした。

建て替えとなると単純に「家を建てる」以外にも解体や仮住まいなどでお金が出て行くので、そう考えると家の建て替え費用は1000万円で考えたいところ。

「1000万円で家の建て替えなんて無理でしょう?」と思われる方もみえるでしょうが、それが意外と出来るんです。

最近は「ローコスト住宅」の会社は結構あり、その中でも「出来るだけ良い家を」と切磋琢磨しています。

「安い家=悪かろう」と諦めずに、まずは情報収集から頑張りましょう!

以上「家の建て替えがしたい!費用1000万だったらどれくらい出来る?」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-設計・リフォーム

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.