住まい

ハウスドゥの評判は悪いの?実際にお店に行って確かめてきたよ!

ハウスドゥと言えば「家や土地の売買」で全国展開している不動産会社です。

現時点では東北の一部を除いて各都道府県にありますし、元ヤクルトの古田選手をイメージキャラクターに起用したTVCMも見たことがあるのではないでしょうか?

そんな知名度の高いハウスドゥですが、実際のところ評判は良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

じつは、私はマイホーム購入の際にハウスドゥでも物件探しを行っており、また地元のフランチャイズ店ではありますが転職時に面接にも行ったことがあります。

また、現在は不動産業界に携わる中でハウスドゥの評判も耳にします。

というわけで、今回はお客様の口コミはもちろん、リアルなお店やスタッフの雰囲気も肌で感じ取った感想を皆さんにお話したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ハウスドゥの評判!家や土地探しはどうなの?

はじめに私が物件探しでハウスドゥに行った時の「顧客目線」で感じたことをお伝えします。

良くも悪くも「正直に」お伝えしていきます。

 

ハウスドゥの物件の提案力は?

では、肝心の家や土地情報の提案力はどうかというと「70点」というところでしょうか?

とくに土地を探している方にとっては「魅力的な情報は多くない」と思います。

フランチャイズ加盟店によっては「物上げ(物件の仕入れ)」に力を入れている会社もありますが、多くの加盟店はそこまで出来る余裕は無さそうです。

そのため「スーモやアットホームで見ました」という提案になりがちです。

不動
最近は買い取りでも加盟店を募って入れているとはいえ、土地を仕入れてバンバン開発分譲地にしているわけではないので「そう都合良く情報が出てこない」のは仕方がありません。

 

また、新築一戸建てを自社で建設してが販売しているようですが、厳しいことを言えば「何も目立った特徴がない」です。

よほど立地が気に入ったとかでなければ、価格が安くても簡単には決めないと思います。

今はローコスト住宅でも色々な会社を比較できますし、家に関しては十分に検討した方が良いでしょうね。

 

ハウスドゥを利用するメリットがある人は?

ここでは不動産業者としての目線でお伝えしますが、ハウスドゥの利用をお勧めする人は「自分で積極的に情報収集しない」という方でしょう。

また、土地ではなく新築一戸建てや再販住宅(再販業者がリノベーションして販売してる中古住宅)の情報を求めている方にも良いでしょう。

ハウスドゥの特徴として「物件情報をいち早く顧客に届ける」ことを重視しているので、価格変更(物件の値下げ)があると情報を素早く送ってくれます。

おやつ
新築一戸建てや再販住宅を探している方は「値下げを狙っている方が多い」ので、いち早く情報を手に入れるのは結構重要です。

 

ハウスドゥのスタッフの対応は?

ハウスドゥはフランチャイズ制を導入しており、私が行った店舗もハウスドゥ直営ではありません。

フランチャイズ制と言えば賃貸の大手(エイブルやアパマンションなど)も導入していますが、基本的にネットを見ても悪い評判しか出てきません。

また、私が賃貸営業をしていた時も大手のFC店でしたが、定期的に本部から送られてくる「こんなトラブルありました」という内容は酷いものです。

そのため「不動産業界のFC店なんてろくな会社がない」と思っていましたが、それを裏切る形で「ハウスドゥのスタッフの対応は感じの良いもの」でした。

 

不動産業者から見たハウスドゥは?

ハウスドゥはフランチャイズなので「加盟店によっては不動産業が初めて」という店舗も少なくありません。

また宅建の資格は保有していても実務未経験という人も多いので、ハウスドゥを利用する場合は自分の担当者がどうなのか確認した方が安心かも知れません。

ただ、だからこそ不動産業界にありがちなガツガツした営業では無く「無理な営業はして来ない」ので感じの良い印象になるのだと思います。

ちなみに私はハウスドゥの店舗に面接に行ったこともあるので、合わせて私が転職で面接に行った時の話もお伝えします。

 

ハウスドゥに面接に行った時

私が転職時に面接に行ったハウスドゥの店舗の感じは良く、ちょうど何組か来店していたのですがお客さんも和やかな雰囲気でした。

ただ転職という話では、正直給料面のシステムが厳しいと思いました。

詳細はお伝えできませんが、そのFC加盟店独自のプランではなく(たぶん)ハウスドゥのマニュアルで決められた内容だと思うのですが、不動産売買で稼ぎたい人だと物足りない感じです。

店舗によって同じかどうかは分かりませんが「がっつり稼ぎたい」という人ではなく、ハウスドゥという名前から「大手だし安心」というタイプの人が多いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

ハウスドゥのネットの評判はどうなの?

ここまでは実際に私が体感した生の声ですが、ネットでのハウスドゥの評判はどうでしょうか?

良い悪いありますが見ていきましょう。

不動
囲い込みとは「物件情報を他社の不動産屋に公開しない」ことを言います。

儲かるのは囲い込みをしている不動産屋だけで、売主買主にとってはデメリットが大きいので原則禁止されています。

 

おやつ
やっぱり加盟店によって良い悪いに差がありそうですね。

 

不動
結局フランチャイズは加盟店次第というところがあるので、店舗の評判は調べるのが間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

ハウスドゥの売却や買い取りはどうなの?

家や土地探しに関しては「ハウスドゥは可もなく不可もなく」という感じですが、不動産売却に関しては街の不動産屋に依頼するよりもメリットがあるかもしれません。

というのも、ハウスドゥは以下の4つのプランから売却相談出来ます。

メリット デメリット
仲介 高く売れる可能性がある いつ売れるか分からない
買取 短期間で売れる 仲介よりも安くなる
買取保証仲介 仲介の期限を決められる 期限内で売れないと買い取り価格になる
ハウス・リースバック 売却後も住める 仲介よりも安くなる

売主の状況に合わせて「仲介」や「買取」を選択するのは一般的ですが、面白いのは「ハウス・リースバック」です。

 

ハウスドゥの「ハウス・リースバック」とは?

不動産に詳しい方は「リバースモゲージ」というという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

リバースモゲージは「融資を受ける→元本は家の売却で精算」なのに対して、ハウス・リースバックは「売却する→家賃を支払う」という仕組みです。

共通するのは、資金調達後も「そのまま家に住むことが出来る」という点です。

おやつ
大きな資金が一時的に必要なのであれば売却(ハウス・リースバック)の方が向いています。

 

また、リバースモゲージ(融資)と違って資金用途は原則自由なので、老後の生活費だけでなく事業資金の調達などにも利用可能です。

家を売却するというのはご近所の目も気になりますが、ハウス・リースバックは「そのまま賃貸可能」なのも良いですね。

 

今後に注目!底地・借地権の買い取り!

ハウス・リースバックなどが注目されるハウスドゥですが、個人的に注目しているのは「底地・借地権の買い取り」です。

底地とは「建物のために貸している土地のこと」で、借地権とは「土地を借りて建物を建てる権利のこと」です。

今は定期借地権の家も多くありますが、土地と建物の所有者が違うことから「売れにくい」です。

こういった定借の家は今後どんどん出てくると思うので注目です。

また買い取りに関しては「10秒でDo!」というアプリも公開しているハウスドゥ。

不動産売却に関しては「一括査定」なども利用できますが、こういう新しい取り組みにチャレンジしていく姿勢があるから成長していくのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「ハウスドゥの評判について」お伝えしてきました。

まず家や土地探しに関しては、私が実際に店に行った感想としてはスタッフ対応は悪くありませんでした。

ただ、ネットを見ると評判の悪い内容も見かけるのでフランチャイズならではなの「加盟店次第」という部分はあるかもしれません。

そして、肝心の提案力に関しては「普通」かなと(笑)

不動
これは私の売買のお客様と話していても同じような感想なので、やっぱり普通なんだと思います。

 

売却に関しては「ハウス・リースバック」ではないのであれば、「イエイの不動産一括査定」で複数の業者から見積もりは取った方が高く売れるかもしれません。

最期に「ハウスドゥはハワイの物件も取り扱っている」ので、個人的にはいつかお世話になりたいと思っています。

以上「ハウスドゥの評判は悪いの?実際にお店に行って確かめてきたよ!」でした。

 



【 最後にPRです 】

ハウスメーカー選びの新常識!?

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!

運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-住まい

© 2021 イエエエイ!!!