部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸・部屋探し

賃貸の更新料なしにデメリットあるの?更新月の注意点も合わせて解説!

投稿日:

賃貸の多くは2年ごとに更新時期を迎えます。

この時に支払う更新料ですが、なかには「更新料を払わない」と言い出す方もみえます。

更新料については契約書に記載があれば払わなければいけないのですが、もし更新料を払いたくないのであれば「更新料なしの物件を選ぶのが一番」です。

でも、更新料を払う物件があるのに「なぜ更新料なしの物件がある」のでしょうか?

 

そもそも賃貸の更新料は「大家さん、これからも部屋を貸して下さいね」という謝礼のようなもので、性質としては入居時に支払う礼金と似ています。

そのため、法律で定められた費用でもなく「大家さんが更新料なしでいいよ」と言えば、更新料はなしになります。

しかし、更新料が無い代わりに他の費用が発生するなど「何かしらのデメリット」が無いかも心配です。

というわけで、今回は「賃貸の更新料なし物件について」詳しく解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

賃貸の更新料なし物件にデメリットはあるのか?

普通に考えれば更新料が無いことは「敷金礼金ゼロ」のようにメリットのように感じますよね。

しかし、敷金ゼロに関しては「修繕分担金」など名前を変えて結局支払う物件も少なからずあります。

fudou
更新料なしに何かカラクリはないのか「賃貸営業マンが正直に」お伝えしていきます。

 

更新料なし物件の家賃は高くなる?

「更新料なしの物件は家賃が高く設定されているのでは?」ということを心配している意見も見かけましたが、これに関しては心配ありません。

というのも、賃貸の家賃は「まわりの相場と照らし合わせて決める」からです。

いくら更新料なしにしても「他の物件と比べて家賃が高いのであれば入居希望者が集まらなくなる」ので、むしろ大家さんにとって大きなデメリットになります。

ですから、更新料なし物件だと家賃が高くなるということは考えにくいです。

 

物件が古いんじゃないの?

「更新料なしの賃貸は古くてボロボロじゃないの?」という話について言えば、これは「ある」と思います。(というか、あります)

あまり築年数が経過した物件で、なおかつ大家さんがリフォームもやる気が無い場合は「家賃など費用の見直し」を勧めます。

つまり、家賃が安いなどの金銭的なメリットを出すときは「物件が古くなってきた」などの理由があるということです。

 

このケースで実際に分かりやすいのは「京都」でしょう。

京都は地域的に更新料を支払う物件が多く、そのため京都で更新料なし物件を探すと築年数の経過している物件がヒットしやすいです。

ただ、更新料を2ヶ月払う(京都は2ヶ月という物件も多い)ところを無料になるのはメリットとも言えますし、個人的には物件が古いことが更新料なしのデメリットとは言えないかなーと思います。

 

更新料なしだと「他の費用」が割高になっているんじゃないか?

更新料なしを「どこかで帳尻合わされているんじゃないの?」ということを心配している声も見かけます。

確かに賃貸契約で「よく分からない費用」は増えています。

oyatu
しかし、それは「更新料なし」が理由ということではありません。

 

例えば、よく分からない費用として「消毒サービス」「24時間サポート」などの付帯サービスがありますが、これらは価格が決められています。

更新料なしだから1.2倍になるというようなことは無いですし、そもそもこれは「管理会社の利益」となるもの。

更新料(=大家さんへの謝礼)は無しにして、大家さんが別で利益を得ることはありません。

 


 

更新料なし物件を選ぶデメリットについて考えてきましたが「デメリットなんか無い」というのが私の見解です。

更新月の支払いの負担が増えずに助かるのでラッキーでしょう。

ただ、更新料なしでも「更新月に支払うものはある」ので注意は必要です。

 

スポンサーリンク

 

更新料なしでも「更新事務手数料」はある場合も!?

更新料なしの物件でも注意したいのは「更新事務手数料」です。

更新料は「大家さんへの謝礼」なのに対して、更新事務手数料は「管理会社の手数料」となります。

fudou
これは管理会社が更新時期の連絡(書類のやりとり)を行う際の事務手数料なので「更新料とは別物」です。

 

更新事務手数料は「2年で1~2万円」や「0.5ヶ月分程度」ということが多いです。

更新事務手数料は賃貸で必ず発生する費用ではなく「管理会社による」ので、契約する前に確認するようにしましょう。

 

他にもある!更新月に支払う費用

他にも契約更新月に支払うものとして、

  • 火災保険料(2年で2万円程度)
  • 保証会社と契約している場合は、保証料(家賃1ヶ月未満)

などがあります。

これに合わせて通常の家賃も支払うので、更新月は出費が増えるので要注意です。

火災保険や保証料については更新月ではなく、家賃と合わせて毎月引き落とし(800~1,000円程度)という場合もあります。

 


 

これらの更新月に支払うものは、重要事項説明や契約時には説明がありますが「申し込み時の初期費用明細に記載されない(ので説明もされない)」ので要注意です!

申し込みの前に自分から確認するようにしましょう。

 

これから更新料なしの物件はドンドン増える!?

ちなみに「なぜ更新料なしの物件があるのか?」というと、退去防止のためです。

実際、更新月に家賃の2~3ヶ月分払うのであれば引っ越すという方は多く、大家さんとしても「退去されて、クリーニングして、また入居者募集する」という手間や空室リスクを考えると、更新料なしにして長く住んで貰った方が良いのです。

oyatu
なかには「退去するならそれでも構わないから更新料は貰う」という大家さんもいるので一概には言えませんけども。

 

ただ、今後は更新料なしの物件は増えていくと思います。

実際、更新料や礼金など慣習で支払われていたものは「すでに無くなっている地域も多い」ですし、これから賃貸は物件数が借り手を上回ると言われています。

となると「更新料や礼金のある物件は選ばれない」と考えるのは当然ですから、更新料なしがスタンダードになる日も近いんじゃないかなと個人的には思っています。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「賃貸の更新料なし物件のデメリットについて」お伝えしてきました。

ネットには更新料なし物件はデメリットがあるような意見も見かけましたが、個人的には「更新料なしになるなら良くない?」というものがほとんどでした。

fudou
実際に、もし私が賃貸契約するなら「更新料の有無は賃貸探しの重要ポイント」として入念に確認します。

 

契約時は軽く考えるかもしれませんが、いざ更新月に家賃の2~3ヶ月分をまとめて払わないといけなくなれば「かなりキツイ」ですからね。

だからといって引っ越しを繰り返していれば「また新たにお金が必要になる」ので、長く賃貸に住む予定なら更新料はない方が助かるに決まっています。

そう考えればメリットこそあれ、更新料なしのデメリットなんて個人的には無いと思うのです。

以上「賃貸の更新料なしにデメリットあるの?更新月の注意点も合わせて解説!」でした。

 



【 最後にPRです 】

部屋探しは「キャッシュバック」が新常識!?

賃貸で部屋探しをするなら「suumo」や「ホームズ」のポータルサイトをが物件数も豊富で便利です。

しかし、今もっとも熱いのは部屋を借りると祝い金が貰える「キャッシュバック賃貸」です!

サービスが開始された当初は少なかった物件数も「現在は十分過ぎるほど豊富」となりました。

もちろん「礼金敷金0円・ペット相談可・新築築浅・デザイナーズ物件など」の絞り込み検索も充実しており、これで祝い金が貰えるのですから利用しないなんて逆に損ですよね!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2019 All Rights Reserved.