賃貸・部屋探し

賃貸の鍵を紛失した!そんな時は慌てずにコレから行いましょう

投稿日:2016年1月17日 更新日:

賃貸の営業を行っていると「入居者さんから鍵を失くした」という連絡を受けますが、あなたは家の鍵を紛失してしまった経験がありますか?

落とした鍵を誰かが拾って部屋に入ったりする可能性も怖いですし、大家さんへの弁償なども心配ですよね。

もしかしたら「まあ、なんとかなるでしょ!」と簡単に考えている方もみえるかもしれませんが、意外と賃貸物件で鍵を紛失すると面倒なケースはあるんです。

そもそも鍵の管理が厳しい物件だと「合鍵の作成すら禁止」という所もあるくらいです。

賃貸の鍵は「あくまで借りている物」ですから、紛失したら正しい対応をとりたいですね。

というわけで、賃貸物件で鍵を失くしたらどうすればよいのか解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まずは「管理会社」に連絡しましょう!

賃貸物件の鍵を紛失した場合は、はじめに管理会社に連絡します。

気を付けたいのは「まあいいや」と、自己判断で勝手に鍵交換などを行わないようにすること。

鍵に関しては物件それぞれで対応が異なり、会社によっては自分での鍵交換を認めていないこともあります。

また鍵を紛失して部屋に入れない場合「管理会社で予備鍵を保管していて貸して貰えることもある」ので、まずは管理会社に連絡するのが一番です。

とにかく鍵を紛失したら「管理会社に鍵を失くした事を伝えて」どのような対応をとればよいのか確認するようにしましょう。

 

管理会社の連絡先が分からないんですけど…

「管理会社に連絡したけど電話番号が分からない」という場合は、物件の周りを見てください。

1階に掲示板などがあれば、そこに管理会社の連絡先が記載されています。

また掲示板がなくても物件周りのフェンスなどに管理会社の連絡先が記載された看板などが貼られているので、物件の外回りを見ると連絡先は分かりますよ。

鍵を失くして部屋に入れない場合はどうする?

「鍵を失くして部屋に入れない場合はどうするか?」

そんな場合のことも考えて、ぜひ契約時に確認しておいて頂きたいのは「入居時の緊急サポート」です。

入居サポートは「鍵の紛失や水漏れなどのトラブル」に対応してくれるサービスで、これは「火災保険」や「付帯サービス」で契約していることがあります。

 

また「そんなの契約したか覚えてないよ!」という場合でも、大手の物件であればホームページに記載があるかもしれませんので調べてみる価値ありです。

例えば、大東建託では「リバップ」という入居サポートが無料で付いてくるので、管理会社に連絡すれば対応してくれます。

 

最終手段は「鍵屋さん」を呼ぶ

日中であれば管理会社に連絡が付きますが、すでに営業時間を過ぎていると困りますよね。

賃貸会社の入居サポートがなければ、業者に依頼するしかありません。

じつは、私も部屋の鍵を紛失した経験がありますが、意外とすぐに出張対応してくれる鍵屋さんというのは見つかりません。

ほとんどの場合、鍵屋さんは1人や2人と少人数でお店をされている場合が多く、作業できる方が不在ということが多々あります。

本当に緊急の場合は、大手のグループ会社に頼んだ方が対応は早いかもしれませんね。

 

そんな中で全国展開してる鍵屋さんとして、「鍵の救急サポートセンター」があります。

鍵のことはもちろんですが、防犯についても「防犯設備士」が在籍しているので、一人暮らしでセキュリティーに不安という場合も相談に乗ってくれますよ。

 


 

ただし、鍵を紛失したから「ついでに鍵屋さんに鍵交換を依頼する」というのはやめておきましょう。

きっと鍵屋さんの方から「管理会社の許可が無いのに勝手に交換できない」と言われると思いますが、賃貸物件の鍵は自分で勝手に交換してよいものではありません。

以下、鍵交換について解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

鍵交換も甘く考えていると余計なトラブルになることも!?

まず賃貸物件の鍵の交換は「自己判断で勝手に行うとトラブルになる」場合があります。

もし夜間に鍵屋さんを呼んでも、行うのはあくまで「鍵を開けてもらう」まで。

鍵の交換については管理会社に確認の上で行いましょう。

「まあいいや」と思っていると面倒なことになる恐れもあるんですよ。

 

分譲賃貸などのオートロック物件は厳しい!

分譲賃貸・オートロックの物件は「鍵の規則が厳しいケースが多い」です。

物件によっては「合い鍵を作る事を禁止している」所もあります。

それだけに、出来れば「分譲賃貸・オートロックの物件は部屋を借りる前に紛失した場合の対応について確認する」ことをお勧めします。

私も聞いた話になるのですが、オートロック付きの分譲賃貸の鍵を紛失した場合「セキュリティーの観点から全室の鍵の交換費用を請求された」なんてことがあったそうです。

これは部屋の鍵で「裏口からマンション内に入れる」からです。

そのため、そこまでトラブルにならなくてもオートロック付きの物件では合鍵1つ発注するだけでも色々と大変です。(数の管理など厳しい)

ですから鍵交換も自分で判断せずに、きちんと管理会社に確認するようにしましょう。

 


 

少し賃貸の鍵交換でのトラブルの話をしましたが、ほとんどの場合は「管理会社の指示に従えば」なんの問題もありません。

なかには「出来るんだったら自分で交換してもらってもいいですよ」というような軽い感じの物件もあります。

ただ、そういった物件であれば良いですが管理に厳しい物件もあるので、あまり軽く感が過ぎないようにはしたいですね。

 

鍵を紛失した時にも安心の便利アイテム!

鍵を失くすのは気を付けてもやってしまうもの。

出来れば「鍵は失くす可能性がある」ことを前提に考えることが一番です。

そんな方におすすめなのは「GPS機能付きの探し物発見器です。

 

スマートアクセサリー voila!(ヴォワラ)

鍵に付けておくとスマホで落し物を探すことが出来ます。

(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

GPS機能が付いてますから、スマホで地図にどこで落としたか表示します。

また落し物までの距離もわかります。

さらに、鍵はあるけど「スマホを失くした!」という場合は、こちらのアクセサリーの方から探すことも可能です。

デザインもおしゃれで価格も5,000円程度です。

音やLEDで教えてくれる「キーファインダー(GPS無し)」でも2,000円~3,000円はしますから、機能的に考えてもお得ではないでしょうか?

おすすめです!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「鍵を紛失した場合の行動」として、以下の4つがポイントでした。

  1. 管理会社に連絡
  2. 部屋に入れない場合は、火災保険などの無料入居者サポートに連絡
  3. なければ鍵の業者に連絡
  4. 鍵の交換に関しては、管理会社の指示に従う(勝手にやらない)

 

また私がお勧めしたいのは「鍵を紛失したことを想定して」おくこと。

  • 入居サポートの有無の確認
  • 鍵を紛失した時も見つけられるアイテムの購入

合わせて事前に備えておきたいですね。

以上「賃貸の鍵を紛失した!そんな時は慌てずにコレから行いましょう」でした。

 




【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても、結局よくわからないということはありませんか?

そんな時は一体何から始めれば良いかというと「カタログを集めて見比べることが効率的」です。

「でも、何社もカタログを集めるのは正直大変…」

そう思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!(もちろん無料)

< 運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`S というのも安心 >

さらにカタログを請求すると、これから家づくりを検討する人がチェックすべきポイントがまとめられている「はじめての家づくりノート」が無料で貰えます。

ぜひ無料でカタログを請求して「はじめての家づくりノート」もゲットしてくださいね!





【 おすすめ記事 】

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 AllRights Reserved.