購入・売却

家の向きでおすすめは?必ずしも南向きが良いわけではないんです!

更新日:

こんにちは、不動です。

突然ですが、あなた家を建てる時や賃貸で部屋を借りる際など「家の向きや方角」って気になりませんか?

新しく住む家では「日当たりの良い快適な部屋で過ごしたいな」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ家の向きや方角を考えた時に「ちょっと気になること」もあるかもしれません。

例えば「南向きの物件で日当たりが良い!」と物件紹介によく書かれていますが、そもそも南向きとは建物のどの面に対して南向きなのでしょうか?

また、そもそも南向き物件はそんなに良いものなのか?

逆にそれ以外の方角ではダメなのでしょうか?

賃貸営業マンとして数々の物件を紹介してきた経験から「おすすめの家の向きの選び方」をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

家の向きの見方は「何を基準」にしているの?

一般的に住戸で南向きや東向きと言われても、何をどう見て「南向き」なのか分からないかもしれません。

ですが見方は知ってしまえば簡単で、メインとなる開口部の方角を言います。

一般的には

  • リビングの大きな窓が面している向き
  • 一番大きなバルコニーのある向き

がそれに当たります。

「大きな窓から太陽光を取り入れたい・洗濯物を乾かしたい」という、日当たりが判断する基準となっています。

 

家の向きで「日当たり」はどう変わるの?

おすすめの家の向きを開設する前に、東西南北それぞれの日当たりについて解説します。(結局はここが判断基準になるので)

バカボンの歌で「西から登って東へ沈む~」という歌詞を信じて、小学校高学年まで逆に覚えていましたが、太陽は「東から昇り、やや南側を通りながら、西に沈む」という軌道を描きます。

この太陽の動きを踏まえた上で住居内への採光性を考えてみましょう。

 

東向きの日当たりは?

東向きは「日の出から午前中に掛けての日当たりが良い」です。

午前中は洗濯物の乾きが早いですし、寒い冬の朝も早めに部屋が温まるなどのメリットがあります。

逆に午後は陰になりがちですので、部屋がうす暗く感じたり、時期によっては外の方が暖かいなんてこともあります。

 

南向きの日当たりは?

太陽の軌道は常に少し南側を通るので、終日に掛けて効率よく太陽光を取り入れることができます。

また東・西向きと違って低い位置からの直射日光は避けることができるので、常に快適な明るさが保たれます。

このことから物件の向きにおいては一番良いとされおり、同じようなプランでも価格は高めに設定されるのが一般的です。

ただし、南向きで大きな窓のリビングだと「夏の昼間は凄まじい暑さ」になることがあります。

昼間は外出しており洗濯物を干したりするには最高ですが、日中に家に居るとエアコン無しでは大変でしょう。

この点は注意したいですね。

 

西向きの日当たりは?

西向きは午後から日当たりが良く」なります。

朝はゆっくり寝て活動するのはもっぱら午後からという夜型人間の人ならちょうどいいでしょう。

よく「西日がきつい」などと言いますが、夕方になると太陽が低い位置から直射しますので、冬は心地よいのですが夏であればカーテンなど対策が必要です。

西日が強いと外壁が熱を持つので、夜でも部屋が暑く感じることもあります。

北向き

北向きは日当たりという点からは一番不人気です。

日光が降り注がない分、住戸内の「湿気対策」はしっかりと考えたいところです。

しかし、タワーマンションなど日光を遮るものが無い建物では地面からの反射も加わり採光には問題ありません。

また「北向きはイメージが良くない」ので価格は安めに設定されます。

考えようによっては夏は涼しいですし、日中は外出がちで家にいるのは夜だけという人ならお買い得とも言えます。

 

スポンサーリンク

 

家の向きでおすすめは、必ずしも「南向き」にあらず!?

家の向きで一番人気があるのは、やはり「南向き」です。

しかし、家探しをして必ず南向きの物件が見つかると言い切れませんし、また立地や環境を考えると必ずしも南向きがベストの選択とは言い切れません。

家の向きを決めるとに考えたいポイントについて解説していきましょう。

 

在宅時間について

家の向きを考える時に最も重要なのは「部屋にいる時間帯」です。

  • 午前中に在宅するなら「東向き」
  • 終日在宅しているなら「南向き」
  • 午後から在宅するなら「西向き」

が、日当たりを考えるとおすすめです。

しかし「日中家にいない」のであれば、南向きでも、東向きでも、西向きでも関係ありませんよね。

また「夜勤で朝帰ってきて日中に睡眠をとる」方であれば、日の当たらない北側はベストの環境と言えます。

 

立地や環境について

広告や物件紹介を見て「南向き」と記載があるものは、基本的にはリビングが南の方角にあります。

そこで考えたいのは「他の部屋」はどうなのか?

ワンルームでない限り部屋は複数ありますので、メインの部屋の向きと他の部屋では向きは変わってきます。

例えば「寝室が東向きだと朝日が眩しくてゆっくり寝ていられない」ということも考えられます。

つまり、家の向きを決める時に大切なのは「どの部屋の日当たりを優先するか?」です。

ですから、何も考えずに南向きだからと家の向きを決めてしまっても「日当たりが良すぎて…」と後悔される方も実際にみえるのです。

 

西向きは西日が厳しくて不人気!?

人気の家の向きを言えば、一般的に「南向き」と「東向き」が人気です。

逆に不人気なのは「北向き」と「西向き」ですが、西向きはについては「西日」が不人気の理由となります。

しかし、西向きも「寒い地域」では必ずしも不人気ではなく、土地によっては部屋が暖まるというメリットになります。

そういった土地柄を考えるのも家の向きを決める時にはポイントになりますね。

 

スポンサーリンク

 

家の向きを決める時に「風水」って考えるべき?

ここまで「日当たり」を中心に考えてきましたが、家の向きを考える時に「風水」も1つのポイントです。

私は風水の専門的なことは言えませんが、やはり気にしたいのは「鬼門」です。

風水や家相などは詳しく書きだすと切りがないのですが、日本でよく言われる鬼門は字の通り鬼が出入りする所として、忌むべき方角とされています。

住居の場合は家の中心から見て北東、そしてその反対の南西を裏鬼門といいます。

これらの方角に玄関や水回り(キッチン・トイレ・浴室)を配することは縁起が悪いとされ、新築の場合は気にされる方も根強くいます。

 

賃貸は「北側玄関」が多いという事実

ちなみに賃貸は北側が玄関となっている物件が多いです。

理由は「南向き」が人気ですから、リビングやベランダを南側にすることで必然的に玄関は反対の「北側」になります。

ですから、風水を気にすると「多くの賃貸物件に住めない」ということになります。

風水を気にするかどうかは個人の判断にお任せしますが、どうしても気になるという方は「メゾネット(1階に玄関があり2階が居室のタイプ)」がおすすめです。

メゾネットですと、1階玄関も2階ベランダも南側ですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「家の向き」について解説してきました。

そもそも「南向きって何から見て南なのか?」という疑問持っていた方もみえるかもしれませんが、答えはリビングやベランダの方角でした。

また「日当たり」が家の向きを決めるポイントになってくるわけですが、東西南北それぞれにメリット・デメリットがあります。

その判断基準として「在宅時間」は重要です。

家にいる時間に合わせて日当たりが良い方が快適な生活を送れそうですから、日中でも午前中や夕方にしか在宅しないのであれば「東向き」「西向き」もアリですね。

以上「家の向きでおすすめは?必ずしも南向きが良いわけではないんです!」でした。

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.