部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸・部屋探し

南向きの間取り!玄関やリビングが明るくなるとやっぱりいいの?

更新日:

これから家を建てる方も、賃貸で部屋探しをされている方も、間取りを考える時に「南向き」というのは結構大事なキーワードですよね。

なにぜ日当たりがモロに関係してきますから。

「南向き=よく陽が当たる」ということで洗濯物も乾くし部屋も暖かいので、南向きの部屋は昔から良いとされています。

でも、ふとこんな疑問も出てきます。

  • 南向きにデメリットは無いのか?
  • そもそも部屋のどこが南向きだったら良いのか?
  • 他の方角はダメなのか?

もちろん南向きはメリットだらけで「デメリットなんか無い」ならそれでも構いません。

ですが、一般の住宅であればリビングを南向きにしたら玄関は北側になることが多いです。

これって間取りとしては良いのか悪いのか?

というわけで、今回は「南向きの間取り」について解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

やっぱりリビングが南向きの間取りは最高なのか?

昔から「リビングが南向きだと日当たりが良くて最高!」と言われます。

確かに居住スペースとして「もっとも滞在時間の長い所が日当たりが良い」のは気持ちがよさそうです。

しかし、リビングが南向きで大変になることもあるんです。

 

日当たりが良すぎて暑い!

南向きに大きな庭がある家なのですが、庭に面してリビングや2階の子供部屋があって日当たりに関してはバツグンに良いです。

2階にはロフトがあって、ログハウスをイメージして造られているので2階が屋根裏を利用した形になっています。

DSC_7563

DSC_7564

でも日当たりが良すぎるのも問題で、冬は暖かくて良いですが夏は暑すぎる!

また、屋根裏を見せる造りになっているので熱のこもり方がハンパではない!

南向きのリビングは最高なのですが、大きな窓などを設置すると夏はエアコンが無いと生活できないくらいになるので注意です。

 

ちなみに西向きもヤバい!

他の方角としては西向きも「夏の西日」が大変です。

日中に壁や屋根が熱を持って放射熱を発するので、ただでさえ暑いのに差し込む西日。

賃貸物件でも西側の部屋は「夜でも東側の部屋よりも暑い」ですから、部屋探しされる方もチェックポイントですよ。

 


 

南向きは日当たりが良くて最高ですが、

  • 良すぎても暑い!
  • 西側の部屋だとさらに暑い!

ので、この点は注意した方がいいでしょう。

 

玄関が南向きというのはどうでしょう?

ではリビングではなく玄関が南向きの間取りはどうでしょうか?

通常は玄関とリビングは反対側に位置することが多いので、リビングを南向きにすると玄関は北側なことが多いです。

ですから、賃貸物件だと玄関は北側にあることが多いですね。(リビングを南側にしたいので)

個人的には玄関が南向きに位置していると外から見ても家が明るい印象を受けます。

またリビングやベランダは「東向き」や「西向き」になるので、これから家を建てる方の間取りとしては私は良いと思います。

 

ちなみに風水的にも玄関の南向きは良い!?

聞いた話によれば風水でも南玄関というのは吉相とされているそうです。(さらに良いとされているのは「巽・南東」)

ですが、これを言うと賃貸物件では南玄関は少ないので「全部悪いじゃん」という話になってしまいます(苦笑)

しかし、賃貸物件でも風水を気にされる方は「メゾネット物件」なら良さそうです。

メゾネットタイプですと「ベランダ・玄関ともに南向き」なので、風水を気にされる方はメゾネットタイプ一択で探すのも手ですね。

 

スポンサーリンク

 

南向き以外の方角のメリット・デメリット

ここまで南向きの間取りについて考えてきましたが、他の方角についてはどうなのでしょう。

「東・西・北」には間取り的に何があると良いのか?

南以外の方角について、メリットやデメリットをみていきましょう。

 

東向きのメリット・デメリット

東は朝日が入ってくる方角です。

そのため午前中に明るいリビングで過ごしたい方には良いですし、また寝室に東側の窓があり日が差し込んでくるのも自然に明るくなって体に良さそうですね。

ですが、東向きのデメリットとしては「日が当たるのは正午まで」ということ。

正午にかけて暗くなっていくので洗濯物を朝に干せないと乾くのに時間が掛かりそうです。

とはいえ、東向きは南の次に人気のある方角でもあります。

 

西向きのメリット・デメリット

西向きは午後から明るく直接太陽の光を取り込めます。

ただデメリットとしては先述しましたが、夏の西日。

とにかく暑いので西日の部屋には「断熱ガラス」「遮光カーテン」などの暑さ対策はあった方が良いでしょう。

ですが、東側とは違って夕方まで洗濯物を干しても渇きそうですし、玄関側が西だと夕方まで明るくて良いと思います。

北向きのメリット・デメリット

北向きのデメリットは皆さんピンとくると思いますが「日が当らない」ということ。

ですが、日が当たらないからこそ「寝室には良い」のが北側です。

とくに夜勤で朝に寝る習慣の方にとっては、北向き寝室はベストではないでしょうか。

 


 

南向き以外の方角では「日当たり」については気になる所です。

ですが「それ自体がメリット」のこともあります、またインテリアや設備などで工夫すれば問題は改善することも出来ます。

日当たりの悪い部屋はダメなのか?選ぶメリットと対策を考えてみる。

 

南向きの「日照時間」についての豆知識

南向きは「日当たりが良い」ということで人気の方角です。

実際に賃貸物件でも「南向き」の部屋は人気なわけですが、じつは南向きだからといって日照時間が長いわけではありません。

というか「陽のあたる時間の長さ(日照時間)」で考えると東向きも西向きも、南向きと時間はたいして変わらないのです。

こう考えると、部屋探しで大切な事は「自分が部屋にいる時間帯」から考えないといけません。

例えば、午前中は在宅で午後からは買い物やパートに出かける主婦の方であれば、午前中に陽がさす「東向きの間取り」がベストと言えそうです。

逆に日中ほとんど家にいない方であれば日当たりなどで気にする必要はなさそうですね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

部屋の間取りで「南向き」というのは好条件の1つです。

しかしメリットやデメリットがもあり、また在宅時間によっては他の方向が適していることも考えられます。

とくにマンションの高層階の場合に関しては、リビングが北向きでも東や西に少しふれていれば(北西、北東)それだけでも十分な明るさが取れます。

リビングが北側だと一般的に不人気と考えられるので「家賃が南向きの部屋よりも安く設定されている」場合もあります。

意外と狙い目かもしれませんね。

以上「南向きの間取り!玄関やリビングが明るくなるとやっぱりいいの?」でした。

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.