部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

購入・売却

ミサワホームの評判は?実際に買った人にリアルな話を伺いました!

投稿日:

こんにちは、不動です。

今回「ミサワホームの評判について」実際の購入者さんのお話と合わせてお伝えしていきます。

でも、その前にミサワホームについてネットで調べてみたのですが、結構「悪い評判」が目につきますね。

ミサワホームは社長(当時 三澤 千代治さん)の道楽が祟って倒産危機になったことがあったので、その影響もあり悪い評判が広がったイメージがあります。

でも、三澤 千代治さんだから「ミサワホームは大きくなった」とも言えますけどね。

 

とはいえ、現在はトヨタの資本が入って体制は別会社ですし、もちろん当時の社長も失脚していますから「あまり古い評判(倒産危機は2003年頃の話)は気にしなくて良いのかな」と思います。

むしろ、最近のミサワホームの評判はどうなのでしょうか?

実際にミサワホームで家を建てた人たちの感想を参考にみていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ミサワホームの評判!実際に家を建てた方に聞いてみた!

個人的にミサワホームは、

  • パネル工法の先駆け
  • 数々のデザイン賞を受賞するほど「デザイン性が高い」
  • 大収納空間の「蔵のある家」

など、特徴がはっきりしているハウスメーカーという印象です。

とくに「蔵」を初めて見るとインパクトがあってグッと来ると思いますが、最近ミサワホームで家を建てたTさん(仮名)も蔵の印象は良かったようです。

 

ミサワホームの特徴である「蔵」が決め手になりました!

私は念願の戸建てを建てようと思い様々な情報を集めていました。

住友林業や大和ハウスなど複数のハウスメーカーを比較した結果、最終的にミサワホームにお願いして戸建てを建てることにしました。

その理由にはいくつかありますが、決め手となったのはミサワホームのコンセプトでもある「蔵」という大収納スペースに力を入れている点です。

また、地震対策の先進技術を取り入れている安全面の意識の高さも好印象でした。

将来的に2世帯住宅になることも考えて、私が購入した住宅は「CENTURY Primore 3(センチュリープレモアスリー)」という注文住宅です。

坪単価はおよそ81万円でした。

 

ミサワホームの住宅の特徴でもある大収納空間の「蔵」が設けられているほか、ジェット機などにも用いられている最新の耐震構造であるモノコック構造による耐震性能も心強いです。

また業者の方にお願いして取り付けてもらった通常より多い太陽光パネルのおかげで電気代も節約することも出来ました。

こうした色々なニーズに応えてくれるような自由なプランニングが出来るところも、この「CENTURY Primore 3(センチュリープレモアスリー)」の魅力ではないかと思います。

実際住んでまだ間もないですが、天井が高く開放感があり住みやすさは抜群です。

 


 

fudou
でも、思っているよりも「蔵」の使い方は悩みます。

じつは私、以前「蔵のある家(完全にミサワのパクリ)」を売りにしている建築会社で営業していました。

その当時モデルハウスに来たお客様が初めて蔵を見ると「皆さんテンション上がる」ので、注文住宅を検討している方は見学だけでもお勧めです。(楽しいですよ)

テンションが上がる理由は、ベタ置きのソファーやTVを置いたりして「隠れ家」のようにしているから。

でも、いざ収納となると広い分「奥から引っ張り出したり」意外と面倒なんです。(ウォークインクローゼットなんかも一緒ですが)

「蔵をどう使うか?」は、選ぶ前にイメージしておくと良いですよ。

 

スポンサーリンク

 

ミサワホームの営業スタッフの評判は良い?悪い?

私は結婚して5年の主婦です。

若いうちに家を購入しておけば「住宅ローンが早く終わる」と考えて、私の方から家を建てようと言い出しました。

タマホームやダイワハウスの住宅展示場も見て歩きましたが、ミサワホームで購入しました。

購入する決め手となったのは「スタッフの方々」です。

無数にある住宅メーカーでミサワホームにした決め手は「営業スタッフさんの真摯な態度」でした。

「建築士の方も熱心」に要望を聞いてくださり、私たち家族のためだけの家ができました。

担当者に「こんな家具を置きたい」という希望を伝えると、それに合わせてリビングを設計してくれました。

 

また、将来子どもが生まれたときのために「オープンな間取りの子ども部屋」も作りました。

展示場にある家の形に合わせるのではなく、私たち家族のライフスタイルに合わせて家を建てることができたことに対する充実感でいっぱいです。

今は季節に合わせて照明やカーテンを取り替えながら生活しています。

家づくりにかかる費用も担当者と相談しながら見積もりを作成してもらったので「無理のない予算計画」を立てることができました。

1点問題があるとしたら「階段の柱の立て付けが最初は少し不安定だった」ことです。

しかし、担当者に連絡したところ「すぐに来て対処してくださった」ので、現在でも快適に過ごせております。

 


 

fudou
ミサワホームはエリアごとに販売会社が違います。

東海圏であれば「ミサワホーム東海」ですし、四国圏であれば「ミサワホーム四国」です。(トヨタホームも一緒ですね)

そのためエリアによって営業スタッフの質が変わるので「悪い所ではクレームが多い」という話はよく聞きます。

でも良い営業スタッフもいるわけなので、どうしても相性が合わないのであれば担当者変更してもらいましょう!

ちなみに悪いと言えば「ミサワホームの倒産危機騒ぎ」の頃に家を建てられたKさん(仮名)からも話を聞けたのでご紹介します。

 

倒産危機の頃のミサワホームは評判通り悪かったのか!?

15年ほど前になりますが、ミサワホームの「2人の家」という商品名の規格住宅を建てました。

1階はリビングのほかに2部屋とキッチン、2階は2部屋の間取りで、リビングの上が吹き抜けの構造となっています。

当時、比較したのはハウスメーカーではセキスイハイムとスウェーデンハウス、そのほか地元の工務店です。

ミサワホームに決めた理由は「担当の営業の方が熱心な方で」何度もパンフレットを持って足を運んでくれたこと。

そしてミサワホームの「パネル構造の耐震性能」に魅力を感じたからです。

 

規格住宅ではありますが、間取りや窓のサイズの一部変更には快く応じてくれたのでありがたかったです。

15年ほど住んでみて、特に不具合は感じていません。

ドアの開閉もスムーズなままですし、もちろん雨漏りや建材のへたりなどもありません。

ただし、吹き抜けのためか冬に部屋が暖まりにくく「暖房効率が悪い」のが難点です。

また、玄関やキッチンにもう少し収納スペースがあれば良かったと思っています。

 


 

oyatu
さすがミサワホームとでも言うのでしょうか(滝沢カレン風)

暖房効率が悪いのは「吹き抜けの宿命」なのでこれは諦めるとして、Kさん15年ミサワホームの家に住んで「不具合はない」とのこと。

またKさんが魅力を感じたというパネル構造ですが、現在ミサワホームは「面接合(木造パネル接着工法)」やパネルが厚い「センチュリーモノコック」と、さらにパネル工法で突っ走るようです。

パネル工法の好き嫌いはあると思いますが「一途にこだわる姿勢」は好感が持てます。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「ミサワホームの評判について」実際に家を建てた方々にお話を伺いました。

全体的にWEBの評判ほど悪い感想は無かったですが、ただ個人的には「坪単価がもう少し安ければな」と思っています。

はじめに登場したTさん(CENTURY Primore 3で家を建てた方)は、坪単価で約80万円。

また一般的なミサワホームの坪単価は「65~75万円」で平均的には73万円です。

この価格帯だと結構いろいろなハウスメーカーと比較検討出来て「鉄骨系のハウスメーカー」も視野に入ります。

 

もちろん鉄骨系もメリット・デメリットありますが、イメージとして木造 VS 鉄骨造だと「鉄骨が良いな~」という方が多いのではないでしょうか?

もうちょっと坪単価下がれば「もっと売れる」気がするんですけどね。(余計な御世話でしょうけど)

逆に「ミサワホーム以外にどんなハウスメーカがあるか知りたい」場合は、下記で紹介する「LIFULL HOME`Sの一括カタログ請求」はかなり便利です。

無料ですから良かったらカタログ請求してみてくださいね。

以上「ミサワホームの評判は?実際に買った人にリアルな話を伺いました!」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.