部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

住宅ローン・税金

住宅ローンの事前審査!複数回申し込むメリットとデメリットとは?

投稿日:

住宅ローンは「事前審査から本審査」という2回の審査を行なうのが一般的です。

本審査が融資実行が確定される審査になりますが、必要書類として「売主・買主が署名捺印した売買契約書」が必要になります。

しかし、売買契約を交わしてから融資が実行されるか審査しているのでは、売主・買主共に不安ですよね。

そのため「売買契約の前に本審査が通るかを審査する」のが事前審査なのですが…。

では、この事前審査は「複数の銀行に申し込み」をしても問題ないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

事前審査を複数の銀行に申し込むのはダメなの?

住宅ローンの事前審査を複数の銀行に申し込むと「個人信用情報の開示履歴が増える」ので審査にマイナスに働くという意見があります。

※ 信用情報の開示とは、クレジットやローンの申込や利用記録などを確認出来る制度です。

では、実際にどうなのか?私(売買仲介の営業)が住宅ローンで利用する銀行の担当者に確認してみました。

 

複数の銀行で事前審査を申し込んでも問題ありません

結論として、とくに複数の銀行に事前審査を申し込んでも「影響はない」とのことでした。

というのも審査に通るか通らないかは保証会社次第で、銀行としては保証会社がOKであれば融資するし、NGであれば融資は出来ないと判断します。

では、保証会社は何度も事前審査を申し込んでマイナスに働かないのかというと、その担当者曰く「回数はとくに重視していない」とのことです。

oyatu
それに「今はそんな時代ではない」のだと思います。

 

複数の銀行で事前審査を行なえば「有利な金利」をゲット出来るかも!?

実際に私が担当するお客様には「複数の銀行で事前審査を行なう」ことを勧めています。

理由は「競合させた方が有利な金利を提案してくれる」からです。

とくに今は住宅ローンの融資も積極的なので、各金融機関の担当者も「他行が頑張るならウチも頑張るので相談して下さい」と言います。

fudou
住宅ローンを申込むなら「少しでも低金利の金融機関で住宅ローンを契約したい」と思いますよね。

 

個人的に事前審査を複数申し込むデメリットは「何度も用紙を書くのが手間」くらいです。

ですが、それで住宅ローンの金利が0.1%でも変わるのであれば、手間をかけるメリットは十分にあると思います。

 

スポンサーリンク

 

事前審査に落ちたので「別の金融機関で事前審査をする」のはどうなのか?

せっかく事前審査を申し込んだものの、残念ながら否決ということもあります。

なかには「減額すればOKです」と回答してくれるケースもありますが、ほとんどは否決になった理由を教えて貰えません。

では、否決になった場合「他の金融機関で事前審査をする」のはアリなのでしょうか?

 

他の金融機関では事前審査に通ることもあります

その理由は「保証会社」にあります。

保証会社とは、住宅ローンの支払いが滞った際に「一時的に代わりに返済を金融機関に行なってくれる会社」です。

保証会社には大きく

  • 独立系…審査は緩め。保証料は借入れの2.2%くらい
  • 金融機関の系列…審査は厳しめ。保証料が優遇される

があり、各保証会社によって「審査の厳しさ」は変わります。

oyatu
そのため金融機関の系列の保証会社はダメでも、独立系では審査に通ることもあります。

 

最期の砦は「フラット35」

また銀行の事前審査では否決が続いても「フラット35」では通ることもあります。

フラット35は住宅金融支援機構が取り扱う商品で、住宅ローンをなんとか通したい場合の最期の砦といっても過言ではありません。

 

フラット35の審査は厳しい?本審査に落ちるケースが多いってマジ

これから家の購入を考えている人「フラット35」という名称を聞いたことがあるのではないでしょうか? フラット35とは「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)」が提供している、全期間固定金利型の住宅ローンのこ ...

 

事前審査で必要となる書類

事前審査時に必要な書類は、

  1. 源泉徴収票
  2. 健康診断保険証の裏表コピー
  3. 免許証などの身分証明書
  4. 事前審査申込書
  5. 同意書

となります。

そのほか購入する物件の資料、登記簿謄本や公図などが必要となりますが、そうした資料は不動産仲介会社が用意してくれます。

fudou
事前審査を申し込む際には上の1~3を準備しておくとスムーズです。

 

事前審査に通ってからも油断は禁物!

事前審査は「本審査が通るかどうかの審査」ですが、本審査で一転否決されることが稀にあります。

  • 団体信用生命保険に加入が出来ない
  • 本審査までに借入れをしてしまう

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローン契約中に万が一亡くなってしまった場合に「保険金で住宅ローンを完済する」ものです。

多くの金融機関では団信の加入が必須となりますが、告知内容によっては加入が認められません。

また、事前審査を通ったあと新規の借り入れをすると「事前審査時と条件が異なってしまう」ので否決になることもあります。

oyatu
本審査までに借入れをしてしまうのは「ただのミス」ですから、是非とも気を付けて下さい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

さいごに記事のおさらいをします。

  • 事前審査を複数申し込んでもマイナスにはならない
  • むしろ複数の銀行に申し込むことで「低金利」で住宅ローンが契約できるかも!?
  • デメリットは申込書を何度も書くのが大変

事前審査が通れば「他を比較しない」という方も少なからずみえますが、住宅ローンの金利は各金融機関で異なります。

少しでも有利な金利をゲットするためにも複数の金融機関への事前審査はオススメします。

 




間取りプランや資金計画まで提案して欲しいなら!

たくさんの会社を見比べても「ここだ!」という決定力がなければ、あとは提案力から決めていくのも手です。

そんな家づくりの具体的なプランが欲しくなった時には「タウンライフ家づくり」を使ってみて下さい。

複数の会社が「間取りや資金計画のプランを提案してくれる」ので、自分では浮かばなかったアイデアが見つかることも!?

しかも無料で利用できるのも嬉しいですね!

「間取りプラン」の提案を受ける!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-住宅ローン・税金

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2020 All Rights Reserved.