購入・売却

住宅ローンで地獄の生活!後悔する人には1つの共通点があるよ

投稿日:

こんにちは、不動です。

先日、友人が新築一戸建てを購入しました。

新築を買ったことは喜ばしいことですが、話を聞いていると「住宅ローン大丈夫かな?」と心配になりました。

というのも私が売買の営業をしていた時、住宅ローンが払えずに家の売却の相談に来る人には「1つの共通点」があり、友人がその共通点に当てはまっていたからです。

正直、家を売らなければいけない状況まで生活が苦しくなると「寝ても覚めてもお金の心配」をするようになって精神的にも追い詰められます。

ですが、共通点があるということは「家を購入する前に気を付けておく」ことも出来ます。

今回は実際に住宅ローン地獄に陥ってしまった方の実例も踏まえつつ「共通点とその対策」についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

住宅ローン地獄!Aさんの生々しい体験談!

まずは「こんなケースからも住宅ローン地獄に陥った」という実例をご紹介しましょう。

これは私の知人の話ですが、Aさんは40代後半で5人家族です。

3人の子供は学生なので、これからも現役でバリバリ働かなければいけません。

しかし、ある夏の日に事件が起こりました。

 

脳卒中になり自動車事故!さらに半身不随に

仕事が終わり車で自宅に戻る途中、突然右半身が動かなくなったそうです。

ブレーキも踏むことが出来ず、中央分離帯にぶつかりながら車は停車。

異常に気が付いた後続車の人が声をかけてくれるものの、言葉を発することも出来ずそのまま意識を失いました。

気が付いたのはそれから1週間後の病院のベッド。

病名は「脳卒中」でした。

医者曰く、完全に回復するのは難しいとのこと。

リハビリを行い自分で歩くことが出来る程度まで回復しましたが、今でも右半身はマヒした状態です。

 

入院中でも住宅ローンの支払いは続く…

話が出来る程度まで回復したのでお見舞いに行った時の事です。

奥さんに住宅ローンのことについて相談を受けました。

「住宅ローンを契約した時の団体信用生命保険に『疾病特約』を付けていれば住宅ローンは保険金で完済される」と伝えると、奥さんは確認すると家に一旦戻っていきました。

しかし、残念ながら疾病特約は付けていなかったそうです。

 

団体信用生命保険とは

「住宅ローンの支払期間に亡くなったら残金を保険金で支払う」という生命保険。

住宅ローンの契約を結ぶ際には必須になっていますが「3大疾病(ガン、心筋梗塞、脳卒中)」になったら保険金が支払われる特約は任意なのと、特約を付けると住宅ローンの金利が上がることもあり疾病特約を付けない方もみえます。

入院とリハビリセンターに通っている間は奥さんも働きに出ることは出来ません。

保険などで多少のお金は入っていたそうですが毎月の生活を賄うには足りず、住宅ローンは子供がアルバイトで払ってくれたそうです。

本人は「死んだ方が家族に迷惑を掛けなくて良かった」と語っていました。

 

スポンサーリンク

 

住宅ローン地獄に陥る人の共通点とは?

今回Aさんは団体信用生命保険で「3大疾病特約」を付けていれば、子供のアルバイト代をあてにするような住宅ローン地獄は免れたはずです。

では住宅ローン地獄に陥る人の共通点は「疾病特約を付けないことか?」というと、問題はそこではありません。

Aさんや冒頭の私の友人は何かと「自分は大丈夫」と言う節があるのですが、じつはそういった根拠のない自信を持っている人がヤバいのです!

 

「根拠のない自信」が地獄の扉に繋がる!?

Aさんのように疾病特約付けない方は、どこかで「自分は病気にならない」と思っています。

今が健康だから病気になる自分を想像できないのかもしれませんが、例えば脳卒中であれば5人に1人。ガンであれば2人に1人は発症すると言われています。

それが自分の身に降りかからないというのは、ただリスクに向き合っていないだけではないでしょうか?

また住宅ローン地獄に陥る人たちで最も多いのは「無計画な借入れ」をすることです。

冒頭の友人と住宅ローンの話を聞いていると、ちょっと支払い多いなと思いました。

注文住宅でこだわりを捨てきれずに無理してしまったようです。

 

根拠のない自信を「前向き・プラス思考」のように思っている方もみえますが、それは大きな間違いだと私は思います。

厳しいことを言えば、ただ自分に甘いだけ。

未来のことが分からないのはもちろんですが、だからと言って「自分が分からないことを調べようともせず、想像力を働かせて先を読もうともしない」というのは別問題です。

何も考えなければ、リスク回避なんて出来るわけないのですから。

 

スポンサーリンク

 

住宅ローン地獄に陥らないためにやるべきことは?

分からないことを調べたり考えることが面倒だからといって、目をつむればあとで困るのは自分や家族です。

ただ、逆に言えば「敵を知り己を知れば百戦殆からず」

住宅ローンは以下の2点を守れば何も怖いものではありません。

 

無計画な借入れはしない

住宅ローンで借入れできる金額と自分が支払っていける金額は違います。

これから先に発生する可能性のある、例えば

  • 子供の成長に合わせた育児費や学費
  • 車の購入費や維持費
  • 妊娠や出産などで奥さんが働けなくなる

など支出や減収をよく考え「計画的な借入れ」を行うようにしましょう。

 

モデルハウスなどに行けば豪華な設備で憧れることもあるかもしれません。

ですが「今は厳しいけど給料も増えていくだろう」とか「共働きにすれば厳しいけどなんとか支払える」というような希望的観測が頭を過ったら注意しましょう。

 

先のリスクを考え回避する

あとは病気や事故など「突発的なリスク」に対しては、きちんと備えるようにしましょう。

先のAさんも「金利が上がるので特約をつけなかった」と言っていましたが、やはり万が一に備えるのは正しい考えだと思います。

金利が厳しいのであれば、他の金融機関でローン審査を行うなど出来ることはあります。


(住宅ローンの一括審査もあります)

金融機関によっては金利アップなしで特約が付くところもありますよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「住宅ローン地獄に陥る人」について話をしてきました。

私が考える住宅ローン地獄に陥る方の共通点は「根拠のない自信がある」ということですが、これは分かりやすい特徴です。

もし家を買う時ときに旦那さん(奥さん)が「何とかなるって!」というようなことを言い出したら要注意。

マイホームを購入するには「勢いは大切」ですが、だからと言って無計画に住宅ローンを組むのは危険ですからね。

以上「住宅ローンで地獄の生活!後悔する人には1つの共通点があるよ」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-購入・売却

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.