暮らし

ジョギングとランニングの違いとは?ズバリ痩せるのはどっち?

先日、誕生日を迎え40歳になりまして「もう40歳だし体を鍛えよう」と筋トレを始めました。

しかし、筋肉は付くんですけど、お腹周りの脂肪が全然落ちません。

腹筋しても、一向に脂肪が減る気がしない。

これではダメだと夜の街に走り出したのですが、ここで1つの疑問が沸きました。

「ジョギングとランニングって何が違うのか?」

また、痩せることを目的に考えた場合、ジョギングとランニングでは、どちらが痩せるのか?

どうせなら効果的に運動をしたいので、きっちりと調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

ジョギングとは?

まずジョギングとは、「ゆっくり、おしゃべり出来るくらいのスピードで走る」こと指して、時速でいうと8.5~10km/hくらいのペースで走ります。

7分くらいで1kmを走るスピードだとジョギングとされています。

 

ランニングとは?

5分くらいで1kmで走るスピードだとランニングとされています。

時速10km/h~くらいのスピードになるので、結構速いです。

駅伝の選手だと時速12~13km/hくらいで走っているということを考えると、いきなりランニングのペースで走ると体への負担が凄そうなので気を付けましょう。

305893

ジョギングとランニングの違いとは?

結局のところ、ジョギングとランニングの違いはスピードです。

  • 10km/h以下…ジョギング
  • 10km/h以上…ランニング

というような分け方になっています。

 

スポンサーリンク

 

ジョギングとランニングはどちらが痩せるのか?

WEBで調べているとジョギングとランニングでは、ランニングの方が過酷だから消費カロリーも多いという意見もありますし、消費カロリーはあまり変わらないから長く走れるジョギングの方が痩せるという意見もあります。

「ズバリどっちなの?」という話ですが、これはもう実験するしか真実はわからないと思います。

そう思っていると、実際に計測しているサイトを発見しました。

【実験】「歩く」と「走る」で消費カロリーは違うの?走る時間でも変わるの?

その結果を見ると、

  • 1kmを10分37秒のペースでウォーキングすると、消費カロリーは48kcal
  • 1kmを6分05秒のペースでジョギングすると、消費カロリーは69kcal
  • 1kmを3分52秒のペースでランニングすると、消費カロリーは66kcal
  • 1kmを7分00秒のペースでジョギングすると、消費カロリーは68kcal
  • 1kmを9分01秒のペースでウォーキングすると、消費カロリーは45kcal

と、ウォーキングから考えると、ジョギング・ランニングは1.5倍ほどのカロリー消費量に上がっていますが、ジョギングとランニングでは消費カロリーに大きな差が無いという結果になっています。

 

では、距離を伸ばすと消費カロリーは増えるのでしょうか?

約10kmを4分23秒のペースでランニングした結果、消費カロリーは672kcalです。

1kmで考えると、消費カロリー67kcalということになります。

また、約30kmを5分48秒のペースでランニングした結果、消費カロリーは2028kcalです。

約10kmと同様に、1kmで考えると消費カロリー67kcalということになります。

つまり、ジョギングやランニングの「スピード」に置いて、消費カロリーは変わらないということがわかりました。

また距離を延ばせば、総消費カロリーは増えるので、ゆっくりでも早くても長い距離を走るほどカロリーは消費されるようです。

 

スポンサーリンク

 

ランニングの利点

じゃあ、ランニングでペースを上げる意味はないのかというと、そうでもありません。

 

筋力がつく

ジョギングよりもランニングの方が、体にかかる負荷は大きいですから、筋力は付きます。

ダイエットよりも体力や筋力をつけたければ、ランニングよりもダッシュを取り入れた方が効果的です。

体力や筋力アップを目的とするなら、体へ負荷をかけることがポイントです。

 

運動できる時間に制限がある場合

消費カロリーで考えれば、ジョギングもランニングも変わらないということがわかりましたが、それでも1日のうちに運動できる時間は限られています。

その点を踏まえると、例えば1時間でどれだけ距離を走れるかということが、実際ポイントになってきます。

1時間で5km走るのと、1時間で10km走るのでは、同じ1時間でも消費カロリーは倍変わってきます。

そうなれば、当然ダイエットの効果も大きく変わってきますよね。

そう考えると、現実的にダイエットに効果的なのはランニングだと言えるのではないでしょうか?

529426

 

走る前の注意点

ジョギング、ランニングともに注意点としては「水分補給」は必ず行いましょう。

特に朝イチで走る方は「走る前に飲む!」です。

人は寝ている間に沢山の汗をかいているので、朝起きてすぐというのは「血液ドロドロ状態」になっています。

その状態で、いきなり走ると血栓が欠陥を塞いでしまい、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。

実際にマラソン大会での突然死された事故はかなりあります。

そのため、朝は起きたらすぐに水を飲み、血液の流れをサラサラにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

雨の日で走れない時の運動に

私は外を走っているので、雨の日は走りにいけません。

また私の目的は肉体改造で、痩せると同時に腹筋もバキバキにしたいと思っています。

そこでタレントの水野裕子さんは、ジョギングとフラフープで腹筋バキバキの噂を聞いて、早速フラフープ購入しました。

 

[グロング]GronG フラフープ


(画像をクリックするとアマゾンに移動します。)

重量は950gあって、通常の遊ぶフラフープよりも重いです。

私は子供のフラフープ(軽い)は回せなかったのですが、このダイエットフラフープは重いので逆に回しやすかったです。

これを水野さんは負荷が掛かっていると実感できるスピードで左右4分くらい回しているそうで、なかなかシンドイです。

ダラダラ回すだけなら4分いけると思いますが、本気で回すとフラフープといえども疲れます。

私は、雨の日や少し時間が出来た時は、ダイエットフラープも実践していますので、効果が出たらご報告したいなと思います。

 

最後に

私も最近走り出したのですが、走るペースを上げるべきかどうか悩んでいたので自分自身スッキリしました。

実際は1日のうちに走れる時間というのも限られているので、現実的にはランニングの方が痩せることが出来ます。

また、男ですから少しは体力もつけたいですし、徐々にペースアップして同じ1時間でも距離を走れるようにしていきたいですね。

というわけで、今回は「ジョギングとランニングの違いとは?ズバリ痩せるのはどっち?」でした!

 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

 

-暮らし

© 2021 イエエエイ!!!