賃貸・部屋探し

大和リビングの評判が高い!賃貸の部屋を探す前に写真を見てみる?

更新日:

こんにちは、不動です。

テレビCMも見かける大手賃貸会社の1つに「大和リビング」があります。

最近では上野樹里さんが出演されていますが、ご覧になったことはあるでしょうか?

 

そんな大和リビングですが、同じ大手の「大東建託」や「東建コーポレーション」に比べると来店されるお客様に話しても「知らないし物件も見たことが無い」という方が多いです。

私は意外と大和リビングの物件を紹介するのですが、もう本当に一度見て頂きたい。

そんな気持ちから、今回は大和リビングの物件を写真を見ながら紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

大和リビングの賃貸の評判ってどう?

賃貸営業マンとして、あくまで中立な意見を述べますが「大和リビングの物件はかなり良い」です。

「部屋の綺麗さ・設備の充実度」などは大手の中でトップと言っても過言ではありません。

実際にお客様と内見に行くと1万円くらいの予算オーバーでも「この部屋に住みたい!」と言われるほど大和リビングは評判が良いんです。

というわけで、早速私の写真フォルダーから大和リビングの物件を築年数に分けて見ていきましょう。

 

まずは「新築物件」をご覧ください!

1 228

1 232

1 236

大和リビングの物件は「白や淡色を使って部屋が明るいイメージ」が多いです。

また、照明器具やエアコンは備え付けが多く「自分で新しく購入する必要が無い」というのも嬉しいポイントです。

 

1 221

1 223

1 222

大和リビングで1LDK以上の物件だと「一坪風呂」が多いです。

一坪風呂はその名前の通り一坪の広さがあって、風呂桶のサイズは1800の戸建てで使うサイズが入っています。

通常、賃貸で使用されるお風呂はもっと小さいので、他社の物件を見た後に大和リビングを見るとお客様も驚かれます。

また、きちんと「脱衣場が広い」のも女性の方には好評です。

 

1 227

もちろんキッチンも綺麗でガスコンロも備わっています。

さらに、

1 241

DSC_3990

ALSOKのセキュリティーが設置されています!

もちろん物件によりますが、設備の充実度が半端ありません。

そして、

1 233

1 019

収納も大和リビングは特徴的で、ウォークインクローゼットを採用している物件も多数あります。

またウォークインクローゼットも通り抜けできる「ウォークスルータイプ」があり広さも2坪くらいあってかなり迫力があります。

もう、これ見ると内見で「うわ~なにこれ~!」と感嘆の悲鳴があがります。

誇張ではなく本当の話ですよ(笑)

 

スポンサーリンク

 

築5年以降の大和リビングの賃貸は?

築5年から10年くらいの物件だと新築と比べて、どれくらい古さが出てくるのでしょうか?

写真で見比べてみましょう。

DSC_1284

DSC_1285

DSC_1277

今の新築と比べると濃い目のブラウンで印象は落ち着いた感じですが「部屋は綺麗」ですし、相変わらず収納スペースは豊富ですね。

DSC_1288

洗面所は新築の写真と比べると狭いですね。

ですが賃貸では標準的なサイズです。

DSC_1289

お風呂は結構前から大きいサイズが使われていたことが分かります。

ちなみにお風呂に関しては大東建託なども一坪風呂を採用している新築物件が出てきていますので、やはり大和リビングのお風呂は評判が良いのでしょうね。

まあ築5年の物件ですから、綺麗なのも当然と言えそうです。

問題は「築10年ではどうなのか?」ですね。

 

スポンサーリンク

 

大和リビングの築10年以降の物件はどう?

まず申し訳ありませんが、築10年以降の物件だと1Rしかありませんでした(泣)

ですが、参考にご覧ください。

IMG_2024

IMG_2025

写真の撮影の仕方に問題がある気がしますが(苦笑)やはり築年数1ケタと比べると少し古さはあるかもしれません。

でも実際に部屋を見てみると思いのほか綺麗です。

(この物件も紹介したら即決でした)

IMG_2030

IMG_2032

洗面台やお風呂は限りなく普通ですが、

IMG_2028

キッチンの化粧板がカラフルで斬新です!

また1Rですけどキッチンは他と比べて大きいサイズが入っています。

一人暮らし用の物件ですが「トイレ・バスはセパレート」で「独立洗面台&脱衣場有り」で、さらにキッチンも大き目なのでストレスを感じさせない部屋だと思います。

 


 

築年数ごとの大和リビングの物件を見てきましたが、物件自体に関しては「先進的な取り組み」をしている会社だと思います。

また最近では「セキュリティー面を強化」しているのか、特殊なカードキーの物件が多いので女性の方は安心かもしれませんね。

でも、そんなに良い賃貸物件なら「お家賃もお高いんでしょう?」と思われるかもしれません。

一体どうなのでしょうか?

 

大和リビングの家賃や初期費用はどうなの?

まずは大和リビングの家賃ですが、やはり同条件の物件と比べると「家賃は高い」という印象はあります。

ただ、私のエリアでは「家賃交渉に応じてくれる」という印象も強いです。(さすがに新築物件は厳しいですけど)

「交渉に応じやすいように初期の家賃設定は高い」のかもしれませんね。

また、大和リビングには「初期費用を安く抑えるプラン」があるので、引っ越しにお金を掛けたくない方は必見です。

 

大和リビングの「タダシ」に注目!

大和リビングには「タダシ」という契約方法があります。

参照元賃貸住宅 D-room

通常賃貸で部屋を借りる時は「敷金礼金として家賃の何か月分をまとめて払う」のが一般的です。

また契約の更新には更新料が必要なことも多いのですが、大和リビングのタダシでは、家賃を2~3000円くらいアップさせると、敷金礼金や更新料が0円になる「タダシ」という契約方法があります。

仮に家賃6万円で敷金礼金2か月の物件で「タダシ」にして家賃を3,000円アップさせても、

12,000円÷3,000円=40か月

プラス更新料も考えるなら4年くらいで引っ越すならタダシ契約がお得という事になりますね。(あくまで1例です)

一般的に初期費用が25万円くらいするところも、13万円くらいで入居出来てしまうのも人気の理由の1つです。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「大和リビングの賃貸の評判について」解説してきました。

大和リビングの物件は、他の賃貸物件と比べても「もう見たら分かる!グレードの高いやつやん!」と宮川大輔さんなら言いそうなほど良いのは写真を見ても伝わるのではないでしょうか。

ただ「家賃は少し高い」ですが、これも交渉に応じてくれることもあります。

もし家賃が難しくても「フリーレント等の何かしらのサービス」をつけてくれる可能性がありますよ。

そして、初期費用が抑えたい方には「タダシ」があります。

認知度は大東建託や東建コーポレーションに負けているかもしれませんが、内容はまったく引けを取りません。

部屋探しをされるエリアに大和リビングの物件があるなら、ぜひ一度内見をしてみてくださいね。

以上「大和リビングの評判が高い!賃貸の部屋を探す前に写真を見てみる?」でした。

 

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`Sで、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.