部屋探し・家探し・暮らしに関する色々なことを紹介します!

部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』

賃貸・部屋探し

敷金礼金無しでも初期費用は必要なの?賃貸で必要な費用とは?

投稿日:2016年2月27日 更新日:

賃貸で部屋を借りる時に「敷金礼金無し」という物件がありますが、「敷金礼金ゼロでも初期費用は必要なの?」「必要だったら一体いくら掛かるの?」という風に思われている方もいらっしゃると思います。

とうわけで、部屋探しの初期費用で、敷金・礼金以外に何が必要なのかについてご説明していきたいと思います。

でも、まずはその前に…

スポンサードリンク

 

敷金礼金無しの物件は”怪しく”は無いの?

お客さんに聞かれる質問で「敷金礼金無しの物件は事故物件とかではないですか?」というものがあります。

ネットを見ると「敷金礼金はかなりヤバイ」という内容のサイトを見ますが、今どき敷金礼金ゼロは普通です。

敷金礼金ゼロにしてるのは、前の入居者が亡くなったというような事故物件でもないですし、入居者にトラブルを起こす人が住んでいるからというわけではありませんので、安心して下さい。

では、なぜ敷金礼金無しにする物件があるのかというと、単純に集客効果を期待してです。

賃貸の集客のメインは、今はインターネットが主流です。

具体的に「ホームズ」や「スーモ」で集客を行うとして、検索のキーワードで「敷金礼金無し」で探す方もいますし、敷金礼金無しだと目立ちますよね。

仮に敷金礼金無しにしても、それで早く集客できるなら、半年入居者がいないよりも大家さんにとってもメリット大きいですし、仲介会社は敷金礼金有りでも無しでも契約出来れば仲介手数料は貰えます。

ですから、敷金礼金を無しにして初期費用を下げることで入居の回転率を上げるのが主流になりつつあるのですね。

 

敷金礼金以外の初期費用のについて

賃貸で部屋を借りる時の初期費用の内訳には以下のものがあります。

(敷金と礼金は覗きます。)

  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 鍵交換代
  • 保証料
  • クリーニング費
  • 火災(家財)保険
  • オプション

結構いろいろありますよね。

1つ1つ解説いして行きましょう。

スポンサードリンク

 

仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に支払う手数料です。

基本的には、『家賃+駐車場代(各1カ月分)×消費税=仲介手数料』 になります。

この仲介手数料は、会社によっては家賃の50%で大丈夫な所もありますので、複数の会社で物件を紹介しているなら、仲介手数料の安い会社で契約した方がお得です。

 

前家賃

家賃は基本的に”先払い”になります。

例えば10月1日から入居する場合、先に10月31日までの家賃を支払っておくのが一般的です。

10月15日から入居の場合は、日割り計算になります。

前家賃には、駐車場代や共益費も含まれます。

初期費用を抑えたい場合は、この前家賃分をサービスする(フリーレント)にしてもらえないか交渉してみましょう。

 

鍵交換代

鍵交換代は、物件によって有ったり無かったりします。

新しい物件でも、新規で鍵を作成する場合は必要なことが多いです。

鍵交換は、ガイドラインでは貸主負担となっていますが、ガイドラインは法的効力があるわけではないので、鍵交換は交渉は難しいと思います。

 

保証料

保証料は、保証会社を利用する場合に支払う手数料です。

保証会社とは、入居者が万が一家賃を支払えないような状態に陥った時に、代わりに(一時的に)大家さんに支払いを行ってくれます。

(但し、あくまで立替えですから後で請求されます。)

保証会社を利用する事で、連帯保証人が不要で部屋を借りることが出来たりします。

今は、大手管理の物件だと保証会社必須というのが増えていますが、一般の管理物件で保証会社を使わずに連帯保証人でOKでしたら保証料は無しで済ますことが出来ます。

 

クリーニング費

敷金ゼロの物件でも、クリーニング費などの名目で退去後の清掃費用を先に貰うという物件もあります。

大手だと、大東建託はクリーニング費が必要ですね。

完全にサービスというのは難しいですが、初期費用を抑えたい場合は、後払いプランというのもあります。

 

火災(家財)保険

部屋を借りて万が一火災を起こした場合は、大家さんに賠償責任も発生するので、必ず加入となります。

一般的に不動産屋で勧められますが、自分で加入しても可という物件もあります。

自分で加入して良い場合は、ネットで探すと簡単に見つかります。

大体、不動産屋で勧められる保険よりは安く設定することも出来るので、少しで費用を抑えたい場合は、検討されると良いですね。

 

オプション

室内の殺虫殺菌など、強制では無いですが、一緒に如何ですかと勧められるものです。

  • 室内の殺虫殺菌
  • 引っ越し
  • ネット回線
  • 入居サポート

このような内容のオプションサービスが多いですが、個人的には、割高ですしあまりメリットは感じませんが、話を聞いて良かったら申し込んでおきましょう。。

 

敷金礼金が無くても、案外掛かる初期費用

では、仮に家賃を6万円くらいで設定した場合に、敷金礼金無しで初期費用がいくらくらいになるのか計算してみましょう。

  • 仲介手数料…64800円 +駐車場があれば
  • 前家賃…家賃60000円+共益費+駐車場
  • 鍵交換代…10000円前後
  • 保証料…家賃の60% (保証会社による)
  • クリーニング費…43200円 (物件による)
  • 火災保険…年間10000円程度
  • オプション…無し

もちろん内容は物件によって前後しますが、仮に上記であれば、敷金礼金無しの物件でも初期費用は「220000円程度」します。

仲介手数料やフレーレントが付けばもっと安くなりますが、それでも20万円前後の費用が入居の際には必要ということです。

如何でしょうか?

案外高いですか?

 

まとめ

初めて同棲を考えているというようなカップルの方が、部屋を借りる時に「出来るだけ初期費用を抑えて」という要望多いですが、敷金礼金ゼロで探しても、意外と初期費用が掛かってガッカリして店を後にする姿もよく見てきました。

ですが賃貸の部屋もたくさんあります。

個人的には、初期費用を抑えるなら「大和リビングのタダシ契約」がオススメですが、その他にもお値打ちな物件もありますので、コツコツ時間をかけて探してみると良いですね。

スポンサードリンク

 

-賃貸・部屋探し
-, ,

Copyright© 部屋探し・家探し・暮らし応援ブログ『家エェイ!』 , 2017 AllRights Reserved.