部屋探し・家探し・暮らしに関することを紹介してます!

暮らし応援ブログ『家ェエイ』

賃貸

一人暮らしの初期費用!抑えるポイントから方法まで全て公開するよ

更新日:

これから一人暮らしを始めたい!

そう思っても貯金が少なくて「部屋を借りる時の初期費用が払えるか不安」という方もみえると思います。

一般的に賃貸の初期費用で代表的なものに以下があります

  • 「敷金」…  家賃の1~2ヶ月分
  • 「礼金」…  家賃の1~2ヶ月分
  • 「前家賃(共益費・駐車場代含む)」… 日割りがある場合は「日割り+前家賃1ヶ月」というパターンが多い
  • 「仲介手数料」… 最大で家賃の1ヶ月×消費税
  • 「保証料」… 家賃債務保証会社を利用した場合に発生(1年で1万円程度)
  • 「火災保険料」… 2年で2万円程度
  • 「付帯サービス」… 消毒など
  • 「引っ越し費用」… 一人暮らしなら5~8万円程度

ざっと書いても結構あります。

 

仮に家賃が5万円で、上記の内容そのままで契約したら「初期費用は安くても25万円」はします。

ですが、物件を選んで節約しながら上手に契約すれば「初期費用10~15万円くらい」には抑えることが出来ます。

では、具体的に一人暮らしの初期費用は何を抑えればいいのか?

詳しく解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの初期費用!抑えるコツを徹底解説するよ

ここでは先の初期費用の内訳それぞれを「抑えることが出来る?出来ない?」という視点でみていきたいと思います。

もちろん抑える方法についてもご紹介していきますよ!

 

敷金は抑えることが出来るのか?

退去するときの修繕費などを入居時に預かっておくのが「敷金」です。

最近は「敷金礼金ゼロ」という物件もありますが、実際は「クリーニング費」や「補修費分担金」などと名を変えて請求されること多いです。

敷金に関しては交渉しても安くなるケースは少ないので、敷金を抑えるためには「敷金ゼロ物件を探す」のがベストです。(スーモなどで物件探しする時に書いてあります)

敷金ナシになっていても「詳細」を見ると、

参考元suumo

きちんと記載されているので要チェックです。

fudou
ここは実質「家賃1ヶ月分程度」は仕方が無いです。

 

礼金は交渉で安くなるの?

礼金は、部屋を貸してくれる大家さんに対する謝礼になります。

そのため初期費用で支払えば返還されるものではありませんし、一人暮らしで1万円でも初期費用を抑えたいなら、敷金同様「礼金ゼロの物件」を探しましょう。

また、どうしても気に入った部屋があって礼金がある場合は「交渉の余地あり」です。

ただ、交渉の余地はあるんですが「出来れば交渉は他で使いたい」ので、何よりも初期費用を抑えることを目的にするなら礼金ゼロ物件を狙うことをお勧めします。

oyatu
礼金ゼロ物件は探せば簡単に見つかります。

 

前家賃こそ「交渉すべき」ポイント!?

賃貸の家賃は基本的に「先払い」になります。(実務的な話で)

ですから、7月15日に入居するなら「7月31日までの日割り家賃」と「翌8月の家賃(1ヶ月分)」を支払います。

そして、前家賃については「最も交渉しやすい」ところでなので、必ず「フリーレント」はお願いしてみましょう!

fudou
フリーレントとは「一定期間の家賃をサービスしてもらう」ことです。

 

例えば、7月15日入居開始(家賃は5万円)で、7月31日までの日割り家賃(25,000円)をフリーレントして貰えば初期費用もそれだけ抑えられます。

また、実際「フリーレント1ヶ月分」というのはよくありますし、スーモやホームズなどでも「フリーレント物件」という特集が組まれているので初期費用を抑えたいならお勧めポイントです。

 

仲介手数料は「不動産屋に行く前」が勝負!?

仲介手数料とは、部屋の紹介から契約まで動いてくれた不動産屋へ支払う手数料です。

仲介手数料は”最大で”「家賃1ヶ月分(税別)」と法律で定められていますが、最大で1ヶ月分なので別に家賃の半分でも問題はないのですが、不動産屋も仲介手数料を値切られるのは正直面白くありません。(何のために仕事してるか分かりませんからね)

なので、出来れば交渉して値切るのでは無く、初めから「仲介手数料半額」もしくは「仲介手数料なし」のところで部屋探しをしましょう。

 

スポンサーリンク

 

仲介手数料50%の仲介業者

大手の仲介業者(不動産屋)では、ミニミニ・エイブルが仲介手数料50%です。

仲介手数料50%の会社は他にもあるので「部屋探しでお店に入る前に」ホームページや電話で確認しましょう。

事前に確認しておくと通常1ヶ月分でも「今回は特別に…」と仲介業者から提案してくれるかもしれませんよ。

仲介手数料が発生しない会社

仲介手数料は「部屋を紹介して貰う」ことで発生します。

しかし、仲介(紹介)して貰わずに「物件の貸主から直接借りる」と仲介手数料は発生しないんです。

つまり、貸主から直接借りることが出来れば「最大で家賃1ヶ月分+消費税が抑えられる」わけですが、1つ問題なのは「全ての物件の貸主から直接借りられるわけではない」という点です。

例えば、個人オーナーさんの物件だと「自主管理」していることがあり、この場合は直接大家さんから借りることは実質無理でしょう。

そこで、仲介手数料0円を目指すなら「大東建託や大和リビングなど賃貸物件を建てている会社を狙い撃ちます。

大東建託の物件であれば「直接大東建託で契約することが出来る」ので、仲介手数料は0円になります。

oyatu
仲介手数料は半額もしくは無料まで抑えることが出来ます!

 

保証料の交渉は厳しい!?

保証料は、家賃債務保証会社を利用する際の手数料です。

保証料を抑える方法として「連帯保証人を付けるので保証会社を通したくない」という交渉になりますが、今は「家賃債務保証会社を利用するのが契約の条件」になっていることが多いので、あまりココは交渉しても仕方がないと思います。

fudou
保証料の交渉をするくらいならフリーレントを交渉すべき。

 

火災保険は「ネット加入がOK」だったら!?

火災保険は不動産屋が提案するモノは年間1万円程度(2年で2万円くらい)が多いです。

ですが、実際にアパートの所有者である大家さんは「借家人賠償責任保険に入ってくれればOK」という方も少なくありません。

交渉としては「自分でネット加入しても良いか?」と確認して問題なければという感じで、ダメと言われたら無理に粘るのはやめておきましょう。

火災保険に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にして下さい。

賃貸の火災保険に入らないのはNG!でも安く済ませる方法はあります

賃貸の火災保険!強制で加入させられるのは違法じゃないの?

 

付帯サービスは無しでもOK!

殺虫消毒に代表される「付帯サービス(不動産屋が勧めてくるサービス)」ですが、こちらは任意です。

たまに営業マンが「なかば強制のように勧めてくる」ことがありますが、はっきりと必要ないと言えばOKです。(ごく稀に管理会社が入居条件にしていることがありますが、本当にごく稀です)

そもそも付帯サービスは必要かという話なんですが、私が自分で部屋を借りるなら申し込まないです。

殺虫消毒もやれば虫は死んでいるのですが、正直「バルサンでいいんじゃ…」と思っています。

どちらにしても初期費用を抑えたいなら任意ですし、節約できるところは節約しましょう。

oyatu
付帯サービスは断って0円に抑える!

 

引っ越し費用は「一人暮らし」で荷物も多くなければ節約!

一人暮らしで荷物が少ないのであれば「自分で運んで節約」しましょう。

遠方に引っ越すし無理という場合は、月並みですが「複数の引っ越し業者から見積もり」が良いと思います。

「LIFULL引越し」で一括見積もり!

 


 

一般的に初期費用の見積もりで含まれるモノ(引っ越し費用は除く)をご紹介してきましたが、ここに記載のない項目が賃貸の初期費用に含まれることもあるかもしれません。

そんな時は皆さんスマホを持っていますし「これ本当に必須なの?」と感じたらその場で調べれますし、また「分からないものは必ず聞く」ようにしましょう。

営業マンの言いなりにならないように注意して下さい。

 

スポンサーリンク

 

初期費用を抑えた見積もりは一体どうなる?

では、ここまでの解説を振り返ってみましょう。

仮に家賃50,000円(家賃43,000円+共益費・駐車場7,000円)として考えると、

通常バージョン 節約バージョン
敷金(クリーニング費) 50,000円 50,000円
礼金 50,000円 0円
前家賃 50,000円 7,000円
仲介手数料 54,000円 0円
保証料 10,000円 10,000円
火災保険料 10,000円 10,000円
付帯サービス 15,000円 0円
引っ越し費用 50,000円 0円
合計 289,000円 77,000円

約20万円くらい初期費用を抑えることが出来ます。

fudou
初期費用を抑えることを最優先で考える(そういった物件を選ぶ)と、実際に10万円を切る物件はいくつか見つかります。

 

交渉するのが苦手な方は「タダシ」がお勧め!?

一人暮らしの初期費用は抑えたいけど「交渉するのはちょっと…」という方は、大和リビングのタダシという契約がお勧めです。

こちらは家賃に2,3千円プラスさせることで「敷金・礼金・更新料(契約更新時の手数料)がゼロ」になります。

また、大和リビングは「リビング補償制度」で火災保険もナシ!

全国一律かどうかは分かりませんが、フリーレントなどの交渉も比較的相談に乗ってくれやすいイメージがあります。

大和リビングに興味が出てきた方は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

大和リビングの評判が高い!賃貸の部屋を探す前に写真を見てみる?

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は「一人暮らしの初期費用を抑えるポイント」についてお伝えしてきました。

内容でとくに大事な点をおさらいすると、

  • 「敷金礼金ゼロ」の物件を狙う(別途のクリーニング費は仕方が無い)
  • 前家賃は「フリーレント」を交渉する!
  • 仲介手数料は貸主直で0円か50%の仲介業者を選ぶ!

この3点は、1つ1つが「家賃1ヶ月分の金額を抑えることが出来る」ので要チェックです。

 

一人暮らしを始める新社会人や学生の方は「貯金が多いわけでは無い」ので、初期費用が1万円でも抑えられてら嬉しいですよね。

とにかく大切なことは「不動産屋に行く前」です。

ネットを上手に利用するのが賢い賃貸探しのコツです!(あと下の「キャッシュバック賃貸」を利用するとキャッシュバックが貰えますよ)

以上「一人暮らしの初期費用!抑えるポイントから方法まで全て公開するよ」でした。

 



【 最後にPRです 】

部屋探しは「キャッシュバック」が新常識!?

賃貸で部屋探しをするなら「suumo」や「ホームズ」のポータルサイトをが物件数も豊富で便利です。

しかし、今もっとも熱いのは部屋を借りると祝い金が貰える「キャッシュバック賃貸」です!

サービスが開始された当初は少なかった物件数も「現在は十分過ぎるほど豊富」となりました。

もちろん「礼金敷金0円・ペット相談可・新築築浅・デザイナーズ物件など」の絞り込み検索も充実しており、これで祝い金が貰えるのですから利用しないなんて逆に損ですよね!




おすすめの記事 と スポンサーリンク

-賃貸

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2019 All Rights Reserved.