賃貸・部屋探し

賃貸の防犯!安心なのは「メゾネット物件」という2つの理由

更新日:

こんにちは、不動です。

賃貸の部屋探しで私はお客様に「譲れないポイントってありますか?」という質問をよくするのですが、その中で「セキュリティー面」という方は大勢みえます。

とくに新婚や若い女性の一人暮らしという場合に多いのですが、では賃貸物件でもっとも安心できる物件はどれでしょうか?

一般的には「オートロック付きマンションで2階以上が良いです」と思われがちです。

しかし、私が個人的にお勧めするのは「メゾネット物件」です。

なぜ賃貸営業マンの私がメゾネット物件を防犯面でお勧めするのか?

賃貸で防犯面が心配な方は是非お付き合いくださいませ。

 

スポンサードリンク

 

賃貸の防犯はメゾネットが最強だと思う2つの理由!

念のため「メゾネット物件」について簡単に解説しますが、メゾネットとは「部屋の中に階段があるタイプ」の部屋です。

外観は以下の写真のタイプが多く「玄関は1階」というのも特徴の1つです。

DSC_3936

部屋の中は「1階と2階が居住スペースのタイプ」と「2階ワンフロアーのタイプ」があります。

(詳しく見たい方は以下の記事をご覧ください)

メゾネット物件の間取りは?2タイプあるので写真で見てみる!

 

そんなメゾネット物件を私がセキュリティー面でおすすめする理由は、

  • 玄関が死角にならない
  • 郵便物がドアの中に入る

という2点です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

玄関が死角にならない

メゾネット物件は「1階に玄関がある」ので、基本的には外から丸見えです。

仮にセキュリティーが高いと思われている「高層階のオートロック付きマンション」では、エントランスから入りにくい反面「マンションの中に入ってしまえば外からは見えない」です。

気にするのはフロアーの住人だけとなります。

そのため団地のような「外階段で玄関が建物の中」という物件も同じように玄関は外から死角になってしまうのでピッキングなどは行いやすい環境と言えます。

しかし、メゾネット物件のように外から丸見えでは、いくらピッキングが早く出来ると言っても「鍵穴を覗きながら座ってイジイジする」となると、これは泥棒にとって相当リスキーな行為ではないでしょうか?

まずは「玄関が死角にならない」というのが私がメゾネットをお勧めする理由の1つです。

 

郵便物はドアポストに入る

アパートやマンションではポストが「集合ポスト」の物件も少なくありません。

こういった集合ポストから「郵便物が抜かれる」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、私は自分が住んでいた賃貸マンションでありました。

実際に目の当りにしたことですが、当時住んでいた賃貸マンションの集合ポストの前で「知らない人がニヤニヤしながら外から探っていた」のです。

はじめは住人の方かなと思ったのですが、私が後ろから近付くとハッとした顔してすぐに逃げて行きました。

なんだアイツと思って嫁に話したら「●号室の人が変な人にイタズラ受けている」らしく、それを聞いて「さっきのヤツは勝手に郵便物を漁ってたのか」と思うと、気持ち悪いのと集合ポストって怖いなと思いました。

その点で考えてもメゾネットタイプだと「玄関ドアから内側に郵便物が入ってくるので安心」です。

 


 

とくにストーカー被害などは窓からの侵入ではなく「玄関からやってきたり郵便物を抜き取ったりする」ので、そういう面ではメゾネット物件はマンションよりも良いと思います。

とくに若い女性の方にはメゾネット物件はお勧めです。

 

スポンサードリンク

 

さらに防犯が心配なら「ALOSK付き」の物件も!?

お勧めしているメゾネット物件は「大東建託」や「大和リビング」など大手の物件が多いです。

その中で大和リビングの「D-room」では、ALSOKが付いている物件もあります。

そういった物件では下記の写真のように窓に警報機もついているので安心度が高いです。

1 241

(窓に警報機が付いて安心ですね)

もし部屋探しをしている地域に大和リビングの物件があったら、一度内見に行ってみてはいかがでしょうか?

新しい物件であればちょっと感動するくらい良い部屋ですよ。

大和リビングの評判が高い!賃貸の部屋を探す前に写真を見てみる?

 

「モニターフォン」は最低限欲しいところ!

またメゾネット物件であれば1階が玄関なので「モニターフォン」が設備としてあることが多いですが、少し築年数が経っている物件だと「インターフォン」の場合もあります。

もし契約を迷っている物件がインターフォンであれば、契約の前に「モニターフォンに交換してもらえないか?」相談してみましょう。

入居してから交換して欲しいと言っても難しいですが、入居の条件として出せば意外と了解してもらえることが多いです。

可能性はゼロではないので一度相談してみましょう。

 

防犯は「周りの環境」にも注意!

物件について「メゾネットがお勧め」という話をしてきましたが、だからと言って防犯面は完璧かというと注意すべきポイントはまだあります。

その中で気を付けたいのは「周辺の環境」です。

とくに通勤通学の帰り道など、

  • 人通りの少ない狭い道ではないか?
  • 街灯はしっかりあるか?(暗くないか?)

は、出来れば部屋を借りる前に「実際にその時間に通って確認したい」ですね。

内見の際には「物件の外」も必ずチェック!

また入居者に関しては、どういった人が住んでいるか?(近隣にいるか?)は、不動産屋(仲介業者)に聞いても教えてもらえません。

そのため内見の際には部屋の中だけではなく、物件の外に出て

  • どんな車が止まっているか?
  • 洗濯物などガラの悪そうな服が干されてないか?

そういった点も確認しましょう。

実際に女性が入居してからヤクザ紛いの人が下の階に住んでいて「うるせー!」と怒鳴りこんできたケースもありました。(しかも一人暮らし)

そういったことも事前に防げるかもしれませんので、多少手間でも確認する事をお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「賃貸の防犯でお勧めの物件」について解説してきました。

一般的にはオートロック付きのマンションが防犯に優れていると言われますが、マンションは中に入ってしまうと外から死角になるところがたくさんあります。

その点メゾネット物件は1階玄関で外から丸見えなので、泥棒やストーカーの気持ちになってみたら躊躇しそうです。

また最近は「ALOSK付き」などの物件もあるので、防犯面が心配な方は検討してみてはいかがでしょうか?

以上「賃貸の防犯!安心なのは「メゾネット物件」という2つの理由」でした。

 
 

【 最後にPRです 】

家の購入を考えて住宅展示場に行っても「結局何から始めればよいのか分からない」ということはありませんか?

そんな時は初めに「カタログを集めて見比べる」ことが勉強にもなって効率的!

「でも、何社もカタログを集めるのは大変そう…」と思うかもしれませんが、じつは「カタログを一括請求できる便利なサイト」があるんです!


運営元はTVCMでもお馴染みの LIFULL HOME`S で、お住まいの地域から「予算」や「建築方法」など様々なテーマから複数社のカタログを一括で請求できます。(もちろん無料!)

さらにカタログを請求すると、家づくりの流れが丁寧に解説された「はじめての家づくりノート」も無料で貰えます。

とても勉強になるので是非活用してくださいね。


 

-賃貸・部屋探し

Copyright© 暮らし応援ブログ『家ェエイ』 , 2018 All Rights Reserved.